給湯器交換のタイミングとは

給湯器などのガス機器は、内部部品が劣化するとガス漏れなどの事故を招きかねないため、給湯器メーカーは点検制度を設けて、定期的な点検を推奨しています。

給湯器は交換するよりも修理で済ませたほうが費用が安く済みますが、一度修理しても年月の経過した給湯器は様々な部品が劣化し始めているので、再び故障してしまうケースが多く見られます。

そのため、修理を何度も繰り返していると、結果的に交換工事費よりも費用がかさんでしまう事があるので、目先の費用ばかりにとらわれず、修理か交換の見極めはしっかり行って下さい。



給湯器交換の目安は給湯器自体に問題が生じてきた場合と、使用年数が10年を超えた場合です。
給湯器の異常の兆候としては、高温に設定しても温度通りのお湯が出ない、お湯が熱くなったりぬるくなったりを繰り返す、などの症状があります。


給湯器自体から異音や異臭、排気口の周りが黒く汚れているなどが確認できた場合は要注意です。

給湯器交換の詳細はこちらで簡単に調べられます。

給湯器は10年を標準使用期間として設計されています。

そのため10年を超えると給湯器は不具合が増えて、急に故障してお湯を使えなくなる可能性もあります。
また、15年を超えると、稀に異常着火などの危険な症状が生じる危険性が出てきます。

nanapiの有益な情報をお届けします。

故障して給湯器交換を依頼すると、お湯の使えない不便さから見積もりや給湯器選びなどを満足に行えまま交換しなければいけなくなります。

余裕を持った給湯器交換のためにも、10年経過した給湯器は専門業者に点検を依頼する事をおすすめします。